海洋ミネラル結晶を考える医学者の会
ホーム サイトマップ
海洋ミネラル結晶とは なぜ効くのか 海洋ミネラル結晶の出来るまで 特許取得・国際癌学会発表

海洋ミネラル結晶とは

海洋ミネラル結晶(マリーナ・クリスタル・ミネラル)とは何か?
 5億数千万年前のカンブリア紀には、それまで地球上で数少なかった生物が突如として1万種以上に増え、現在まで続く基本的な生命の形態ができあがりました。それが永い時を経て多様な進化を遂げ、生物の祖先となったのです。

 海の存在なくして、生命の誕生と進化はなかったと言えます。「海には人智を超えた、はかりしれない何かがある」。開発者のこの想いが、海洋ミネラル結晶の研究とその開発につながりました。

 1963年(昭和38年)に新鉱物「南極石」(アンタークチサイト)が見つかったとき、小椋武博士(医学者の会会員)は腫瘤学の専門家として、東京大学医科学研究所で研究を行っていました。
 発見者の鳥居鉄也博士(日本極地研究振興会理事長)が持ち込んだ南極石の破片を、小椋博士は好奇心から癌細胞の培地に入れてみました。すると培養していた子宮癌の細胞が収縮し、消滅しました。それは癌細胞を淘汰するNK(ナチュラルキラー)細胞が非常に活性化されたことを示していたのです。
 さらに分析の結果、そのミネラル組成は人間の体液に酷似しており、人体に必要な60種以上のミネラルと海洋成分が、海の力で理想的に配合されていました。驚いた小椋博士は、これを病気の予防や治療に役立てようと、海洋ミネラルを抽出し結晶化する研究をはじめました。
南極マップ
写真提供:日本極地研究振興会
ドンファン湖 南極石
写真提供:日本極地研究振興会 写真提供:日本極地研究振興会
ページトップ
海洋ミネラル結晶とは何か
海水から作られた天然ミネラル結晶
あなたの知らないミネラルのチカラ今話題の腸内フローラにも関係するミネラルの本当のチカラとは?詳しくはこちら
Copyright (C) 2006 海洋ミネラル結晶を考える医学者の会 All Rights Reserved.